• 他社の同じようなテーマのセミナーとどこが違うの?
  • DMが届いたけど、FAXとWebのどちらから申込んだら良いの?
  • 急な仕事で欠席したいのだけど・・・・。
  • 欠席するので資料代を返却して欲しい。
  • 資料代は当日現金で支払いたい。
  • なぜ資料代の入金が郵便振替だけなの?銀行振り込みは?
  • 当初とは別の者を参加させたいのだけれど・・・。
  • セミナー途中から(もしくは途中まで)の参加はダメなの?
  • 資料だけ送って欲しい。
  • CPDS認定講習ってどういう意味があるの?
  • 受講後、なかなかCPDSにユニットが反映されない。。。
  • 過去受講したセミナーのCPDSユニットを登録したい。

私たち財団は公益法人ならではのセミナー開催を自負し、国土交通省、全国地方整備局、全国都道府県自治体をはじめとした「発注者側」より講師をお招きし、セミナーを開催しております。

総合評価制度、施工パッケージ型積算方式、安全管理等をテーマとした『建設産業育成支援セミナー』では、国土交通省および一般財団法人建設物価調査会にご後援をいただき、セミナーを開催しております。

「発注者」の生の声をお届けし、発注者と受注者をセミナーを通じ繋いでいくことで、建設業界の発展と受益者である国民の生活向上に貢献してまいります。

FAX、Webのいずれでもお申込みいただけます。

FAXは手軽にお申込みいただける半面、宛先違いによる個人情報漏洩のリスクや、手書きによるメールアドレスの間違いなどの事態が発生する可能性があります。

正確な情報を当財団までお伝えいただくためにも、Webからお申し込みをおすすめしております。

こちらのページからお申込みページにアクセスできます。

ご欠席の際はこちらのページからご連絡ください。お電話、FAXでのご連絡も受付ております(電話:03-5368-1448、FAX:03-5366-5132)

ご欠席の場合、既にご入金いただきました資料代はご返金することができません。後日資料をお手元にお送りさせていただきます。

参加者の変更も受付させていただいておりますので、是非参加者変更につきましてもご検討ください。

大変申し訳ございませんがご返金は致しかねます。お預かりした資料代は、ご入金いただきご参加が確定しました時点で必要経費として使用させていただいております。ご欠席の場合、当該セミナー資料を後日お手元にお届けさせていただきます。

資料代は原則事前にお振込いただきますよう、ご協力お願い申し上げます。

セミナー開催直前の参加申し込み等、事前のご入金が難しい場合は事務局までご相談ください。

当財団は全国で多数のセミナーを開催しており、同姓同名、同じ社名の方との重複による誤登録を避けるため、郵便振替用紙の利用をお願いしております。お手数ですが、郵便振替用紙をご利用いただき、通信欄に参加者名、参加日、会場名のご記入をお願い申し上げます。

お近くに郵便局がない等、別のお振込み方法をご希望の方は、事務局までご連絡ください。

ご参加者の変更はこちらのページで承っております。

また、セミナー当日急なご変更になった場合は当財団の事務局までお電話にてご連絡ください。

CPDSユニットの登録をご希望の方は、原則途中入場・途中退場はご遠慮いただいております(規定時間の受講が必要なため)。

セミナー当日、やむを得ない事情で途中の入退場が必要となった場合は事前に当財団事務局もしくはセミナー会場におりますスタッフにご相談ください。

また、CPDSユニットへの登録が不要な方におかれましては、途中入退場に制限はございません。

セミナー資料だけのご送付もご案内しておりますので、事務局までご連絡ください。なお、CPDSユニットの付与につきましては、会場での受講を条件とさせていただいておりますので予めご了承ください。

また、セミナー会場では資料には記載のない講義内容がある場合もございます。是非会場でのご受講をご検討ください。

CPD制度(継続教育制度)およびCPDSについてはこちらのページで解説しております。是非ご覧ください。

受講後しばらくたってもCPDSにユニットが反映されない場合は、当財団事務局までご連絡ください。ユニット登録状況をお調べし、ご連絡させていただきます。

セミナー受講当時、全国土木施工管理技士会連合会へ加入してなかった、当日技術者証を忘れた等、過去受講したセミナーのCPDSユニット登録をご希望の場合は事務局までご連絡ください。セミナー受講日より1年間、CPDSユニットの登録が可能です。