【3次元CAD教育の実態調査のためのアンケート】結果を公開しました

本財団では、製図教育に3次元CADを導入し、建造物をバーチャルな感覚で立体的・視覚的に捉えることで若者の旺盛な感性を引き出し、将来の職業人としての心構えを促すことに繋がるとの確信を持ち、工業高等学校生を対象に建築専用3次元CADソフトを無料にて貸与して参りました。

現在、全国20道府県36校に貸与し、生徒960名が建築3次元CADに取り組んでいます。

つきましては、昨年度、無償貸与校を対象に「3次元CAD教育の実態調査のためのアンケート」を実施しいたしました。

本財団はこの調査結果を関係省庁にも報告をし、これからの工業高校の建設・建築教育のあり方の更なる議論を促そうとするものであります。

「若年者実践的職業人育成事業」のページにてアンケート結果を公開しております。

ぜひ、ご覧ください。

About the Author
事務局