NETIS(ネティス)について

 

NETISとは新技術情報提供システム(New Technology Information System)の頭文字のとった言葉で、国土交通省が運用する新技術の活用のためのデータベースのことです。

データベースですのでインターネットを介して誰もが技術情報を検索・参照することができます。

NETISホームページ:http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/NewIndex.asp

 

 

建設事業者がNETISを活用するメリット

 

主に建設事業者はNETISに登録された技術を活用することで次のようなメリットを得ることができます。

1.入札時、総合評価方式での提案において加点の対象になり、技術評価点の向上が見込めます。
2.NETIS技術を活用することで効果的な施工を実現できます。
3.完成後、工事成績評定で加点され、次回の入札に有利になる評価につながります。

 

NETIS登録申請者にとってのメリット

 

前述のように施工側にとってメリットがあり、かつ、一定の信頼性の証となるため次のようなメリットが期待されます。

1.工事の設計段階において技術指定の採用可能性がアップします。
2.実際に多くの事業者に採用されれば、技術の改善・確信につながる可能性があります。
3.多く採用されかつ評価が優秀な場合「有用な新技術」に選定され、「活用推進技術(新技術活用評価会議(○○地方整備局)」という名称を使用できます。

 

NETISは登録者にも利用者にも大きなメリットのある制度になります。詳細は下記PDFをご覧ください。

pdficon_large 新技術情報提供システム NETISとは

aboutnetis001aboutnetis002