NETIS登録支援事業について(当財団の姿勢)

民間企業には工事で有用な技術が多く存在しますが、発注者も受注者もそれらの情報を得るための手法が十分ではありません。

そのため、有用であっても使われずに埋もれているものも多くあります。

国土交通省では、社会に潜在する有用技術の情報共有化を進め、有用技術の活用促進することを目指してNETIS を運用開始しております。

潜在有用技術が社会で広く活用されることにより、公共工事等における経済性や安全性の向上、環境保全に役立ちます。社会に潜在する有用技術の活用促進を目的としたNETIS は、不特定多数の国民の利益に寄与する重要な意義を持ちます。

しかし、いまだにNETIS の諸制度は普及しているとは言えません。
なぜなら、自社が持つ技術をNETIS に登録する立場としては、手続きがわかりにくい上に、手続きが煩雑だからです。
手続きの煩雑さのために、多くの企業がNETIS登録に二の足を踏んでいる実態があります。

当財団では、国土交通省が所管・推進するNETISの趣旨に則り、社会に潜在する有用技術の活用促進を進めるべきと考えています。

NETIS 制度が普及し、優れた新技術のNETIS 登録が促進され、優れた新技術が公共工事等で広く活用されることは、建設構造物の品質向上や構造物の利用者である不特定多数の国民・地域住民の安全、環境の保全、国土の整備に寄与すると考えています。

 

 

NETIS登録支援サービス内容について

 

当財団がご支援申し上げます内容は下記の通りです。

①申請書類の整備状況確認。

②登録をおこなう各地方整備局申請窓口の確認。

③申請にかかる手順、注意事項の助言。

④各地方整備局および申請窓口への登録円滑化働きかけ。

 

 

NETIS登録支援員について

 

当財団には、NETIS登録までの流れを知悉する経験者がおりますので、登録までの流れの説明や、文書作成上の留意点、事前準備、口頭試問対策等の指導が可能です。

pdficon_large相談事業等の指導者の資格に関する規程